アパレルのトリビア

チェック柄の在庫を大活躍させるチャンス到来。

 

こんにちは。
リユースショップで働く人のための知恵とアイデアを紹介する
すぎゼロです。
(^^)/

 

2018年の秋冬はメンズファッションで
チェック柄を取り入れているアイテムがかなり増えました。

特にトップスや冬物コートなどの面積の大きいアイテムが
チェック柄で販売されていて、
日本男子のおしゃれのハードルが上がってきた感じがしますよね。

 

流行は ただ繰り返すだけじゃない。

 

今までリユースショップに売られているチェック柄の多くは
古いチェック柄のシャツとかネルシャツが多かったのではないでしょうか?

「チェックばっかり」「またチェックシャツ着てる」みたいな
チェックのシャツはお腹いっぱいなイメージでした。

けれど最近の買取はチェックシャツだけじゃなく
チェック柄のニットやパンツも増えてきています。
おしゃれのバリエーションが少しずつ変化してきているんだなぁーと感じます。

 

実際買取をしていて見ることが多いチェック柄は
かなり昔に はやった感じのアイテムがほとんどです。

タグがとても古いタイプだったり、全体的なシルエットがやたらと細いモノや、
腕がめちゃめちゃ太いデザインだったりと古さは一目瞭然です。

 

どんなに「流行は繰り返す」と言っても、
親が若い頃に着ていた服をそのまま着るのは
デザイン的にもシルエット的にもなかなか難しいものがあります。
(-“-)

それは


同じようなアイテムやカテゴリーが流行したとしても、
新しいものは現代に合わせたシルエットや型紙に
デザインされ直しているからです。

 

一見同じカテゴリーのようですが、流行るたびに
ちゃんとあたらしいモノを生み出しているからなんです。

 

在庫をうまく使う為には○○が大事。

 

そうは言っても在庫が多いのは古く流行ったチェックの服が多いんですよね。
だから

在庫をうまく使って今どきの流行りを感じて貰うように
提案するのが大事です。

 

ただ持っている在庫を並べているだけでは、
古着屋なだけでリユースしてもらいにくくしてしまいます。

いかに安価におしゃれを楽しんでもらえるか?を考えることで、
たとえリユース店でも
トレンドにも売り上げにも順応していけるんじゃないかと思うんです。

じゃあどうすればいいのか?

 

例えば
2018年秋冬に取り上げられたチェック柄は、
イギリス寄りのオトナ目なチェックが主流です。

ハウンドトゥース(千鳥格子)

グレンチェック

バーバリークラッシックチェック

オーバーチェック・ガンクラブチェック
などツイードやウールに使われる様な柄が多く出回りました。

これらのチェック柄は古くから親しまれているチェック柄なので、
すでに在庫の中にたくさん埋もれています。

シャツやジレなど多少シルエットに問題があっても、
秋冬のインナーとして着てしまえば「チラみせの効果」に使えるので、
需要はあると思います。

 

ぎゃくに


在庫には幼さがいなめないギンガムチェックや、


大柄のマドラスチェックみたいな
春夏を感じるチェックもたくさん紛れていて、ただ並べてあるだけでは
目指すものを探すのはかなり大変です。

 

だから今年は
しっとり落ち着いたチェックを出来るだけ前面に押し出す展開に出来るように、

在庫から流行りっぽいチェック柄を抜き出してまとめた
売り場を作ってみると
欲しい柄が格安で見つけやすく手に入るので、魅力的なお店に変われます。

 

チェック柄のジレやパンツ・ニットなど、在庫の中に埋もれている
トレンドをしっかり売っていくことが
おしゃれを探しに来ているお客様の為にもなるし、

売り逃しを残さないで売り上げに変えていける、
お店側の利益にもなる良いことだらけになるんですね。

 

まとめ

 

チェック柄に限らず

ちょっとこの店はトレンドがわかっているんじゃないか?
なんか最近この店おしゃれな感じがする。
リユース店なのに欲しいものがいっぱいある。
みたいなイメージを抱いてもらえれば、

売りに来てくれる人もおしゃれに敏感な人が増えて、
次も売れやすい新しいデザインのモノを売ってもらえるようになります。

人気があるモノやブランドの品ぞろえが良くなれば、
好回転の在庫が増えていくきっかけになると思います。

 

リユース店のアパレル売り場だって、
買い物に来るのはおしゃれを探しに来ている人たちです。

だから
トレンドにうとい世代が、
固定観念に縛られたまま作る売り場なんて
チャンスを取りこぼしてばかりです。

学生アルバイトを多く使っているなら、
今どきの感性を貸してもらわないのは大損していると思いませんか?
学生アルバイトさん達に売り場づくりを手伝ってもらい
みんなが楽しく働けて、
売り上げも取れるお店になっていく近道になると思います。

 

 

ABOUT ME
sugizero
主婦として働き始めて20年。まだまだパート・アルバイトから学ぶことはたくさんあります。 マナーもニーズも高速で変化していく時代でも、「働くことで手に入れる学び」があることを日夜楽しんでいます。