ブックオフでマナブ

ブックオフは誘惑がいっぱい

 

趣味や実益を兼ねてアルバイトをするって、よくある事です。

大好きなブランドの服とか、手に入らなかった貴重なDVDを
自分たちで買取をして、自分たちで値段をつけて売り場に出すこともよくあるんです。

誘惑だらけの職場

 

「わぁぁぁ、これ欲しいぃぃー」なんて和気あいあい話題にしながら
作業をしているのですから、
じゃぁ欲しかったら
買っていけばいいんじゃないかと思うかもしれません。

ブックオフではスタッフも もちろんお客様の一人。
もちろん買い物はできます。

 

ただ良いもの・人気のあるものをスタッフが全部買っていってしまったら、
お店の棚に人気商品は増えていきません。

 

だから

アルバイトが買い物をする時は必ず社員にレジを打ってもらうとか、
お店に出してから ある一定期間はスタッフが買えないルールとかがあるんです。

お店によって決まりごとが違うこともありますが、
だいたいは節度をもって買い物をするように促されています。

 

良いと思うものはみんな一緒

 

人気のある商品は、お客さんだって当然探している訳ですから、
あっという間に売れていきます。

リユース品なので、新品より安く買えることも多く
魅力的です。

 

悲しい事になかには、

人生経験が少なかったり、
誘惑に勝てずにどうしても欲しくて不正行為をしてしまう人もいます。

 

何年もアルバイトをしていたのに、
その時どうしても欲しかった物の誘惑に勝てなくて不正行為をしてしまう。
でも絶対バレてしまうものです。

 

バレてしまったときは、退職 なんて厳しい罰を受けることになります。

たった何百円かをケチった事で、
一生後ろめたいレッテルを自分に貼ってしまうことになります。

みんな人間ですから物欲はよくわかります。
そりゃあ何年アルバイトをしていても、欲しい気持ちはみんな同じです。

買取したものはお店の財産

 

その時欲しかった2~3000円の誘惑に勝てなかっただけで、
残りの人生を棒に振る様な悲しい事にならないように
知っていて欲しいのです。

 

販売する商品は会社の財産です。
いつでも気軽に触って扱っていると、なんとなく自分たちのものみたいに
所有権が希薄になってしまう事も考えられます。

実際、忙しい時期だと
売り物なのか処分品なのかもわからなくなるほど、
品物が煩雑になりがちです。

 

でも、黙って持って帰ってしまったら犯罪です。
基準以下に安い値段をつけて買っていくのも詐欺と同じこと。

悪い事を考える人はさらに悪い事を考えるもので、
アルバイト同士や友達を使って自分がレジを打って安く買うとか。

人生経験が少ないと、バレないと思うみたいですが。
案外すぐに悪いことはバレてしまいます。
(>_<)

いつも仲良く働く仲間が、思い違いをしないように、
知っていて欲しいのです。

 

誘惑は常に身の回りに溢れています。

 

欲しい、とても欲しい。
だからちゃんとしたルールで買い物をする。

当たり前のことなのに、
誘惑が人を一変してしまうことがあるってことを
ちゃんとトレーニングしてあげて欲しいのです。

ABOUT ME
sugizero
主婦として働き始めて20年。まだまだパート・アルバイトから学ぶことはたくさんあります。 マナーもニーズも高速で変化していく時代でも、「働くことで手に入れる学び」があることを日夜楽しんでいます。