ブックオフでマナブ

ブックオフの給料って、ホントに上がるの?

 

こんにちは、 すぎゼロです。(^^)/

アルバイトをしてキャリアが長くなってくると、もらっている給料よりも
自分は働いているんじゃないか?

自分よりキャリアが長い人とおんなじ仕事が出来るようになってきたのに、
時給はあの人より少ないのは納得がいかない!
って思うようになる日が来るんじゃないでしょうか?

なかには、
あの先輩はちっとも気を使ってくれないのに、自分より社歴が長いから時給が高い。
それっておかしいと思って、出来る仕事もわざとやらない人もいます。

お金が稼ぎたくてアルバイトに応募したんですから、
そりゃぁ時給が高い方が良いに決まっていますよね。

 

もともとアルバイトに応募したのは、

家から近かった、学校から通いやすい距離だった、本が好きだから。
いつも買い物に行っていたから。・・・

他愛もない理由からはじめたアルバイトだったかもしれませんし、
おぼえることがたくさんあっていっぱいいっぱいだった頃には考えもしなかった
不満が、
ある程度仕事が出来るようになってくると、
いろいろと考えられる余裕が出来て来るって事なんですよね。

そう、それってしっかり成長しているって事で
うれしい事なんです。(^^)/

ワンちゃん
ワンちゃん
しっかり稼いで卒業旅行費を貯めている人もいるし、ライブに行くお小遣いを稼いでいる人もいるよ

 

ブックオフのアルバイトスタッフが昇給する制度

 

ブックオフはアルバイトスタッフと年に2回 契約内容の更新をして
その時に「時給は雇う側も雇われる側も確認」しています。

アルバイトの業務トレーニングが進んで仕事が出来るようになっていけば、
昇格を認められて、
契約の途中からでも時給が上がっていく制度になっています。

  1. トレーニー
  2. チャレンジャーC
  3. チャレンジャーB
  4. チャレンジャーA
  5. トレーナー
  6. サブマネージャー
  7. マネージャー

タイトル的には1番から順番に7番まで昇格していくのですが、
ランクが上に行けば行くほど、人間的な評価も多く含まれて行きます。

口ばっかりでのろのろ怠けて作業する人、ほかの人に作業をやらせるずるい人とか、
威圧的な態度で後輩をこき使う人、人の悪口ばかり言っている人など、

世の中にはいろんな人がいますが、評価はまわりがするものです。

今以上に出来ることが増えたんですねと、他人から認められなければ
評価は上がってはいきません。

今まで通りの仕事が出来ていることはあたりまえの事で、
それ以上の実力がついていると認められると昇給するわけです。

つまり、同じ時給を増らっている中で、周りよりも一つとびぬけて
仕事が出来る様になれば

「この仕事も出来るようになったなら、次の仕事もやって貰おう。」と
気付いてもらえるレベルまで自分の実力を見せていかないとなんです。

 

今以上の実力をなにも見せていないのに、

「わたしはできるのに、評価してもらえない」となげいても、
成長を測る物差しがなければあなたの実力を評価する事が
むずかしいですよね。

 

評価されたかったら、周りよりも仕事が出来るところ・
貰っている時給の仕事よりも出来るところを
見せていかなければ評価されることはないでしょう。

出し惜しみせずに、先輩と同じこと、
もしくは先輩よりも出来るところを見せていきましょう。

事実がさきで、評価はあとからついてくるものです

 

 

評価される考え方と行動の例

 


Aさんは要領が良くて教えられたことはほぼ1回でできるようになります。
真面目にメモを取りながら、次に出来ることを考えながら仕事をしています。
もっと効率よくみんなの労力を分担できるように、作業の手順を工夫する
流れ作業を提案します。


Bさんは作業スピードが速くて、他人の2倍以上作業が出来るので、どんどん仕事が回ってきます。誰よりも早く作業が出来ることが自慢なので、ひとりでどれだけ作業が出来るかひそかに競争しています。だから作業が遅い人を馬鹿にしがちで、自分ばかり働かされていると陰口を言っています。


Cさんはだるそうに作業を始めて、「早くかえりてー」と思いながら作業をしているので、仕事が面白くありません。そろそろ作業に慣れてきたので、もっと早く仕事が出来るようになっているけれど、
だるいので注意されるまでは目立たないようにしています。

 

3か月その3人の姿を見ていた社員からの評価はどうなったでしょう?

 

評価に値する内容(スピード、判断力、考え方など)の能力が、
以前よりレベルアップしていると評価されて、はじめて時給が上がります。

 

どんな仕事も、
長く勤めているとか、積み重ねた時間だけで評価されることはないと思います。

 

「頑張っているのに時給が上がらない」と愚痴る人がいますが、
がんばり所は合っていますか?

時間内は一生懸命仕事をしてプラス評価をもらっていても、
周りを巻き込み愚痴っていたらマイナス評価になります。
プラマイゼロで頑張りどころがずれています。

 

嫌そうにだるそうに仕事をしている人は、
仕事の内容があっていないのかもしれません。
お金を稼ぎたくてバイトすると言う意味合いからすでにずれているので、
違う仕事を探した方が良いと思います。

 

オフくん
オフくん
あたりかまわず愚痴った自分が、プラマイゼロにしていることに気づいていない人や
自分のレベルを下げて ただ声がかかるのを待っていても、時給は上がらないのです

 

筋肉を付けるときと同じで、
昨日より負荷をかけて鍛えるからこそ筋肉が増えるのです。
自分のレベルを上げて仕事をしていると、
評価が上がり次のキャリアパスに近づけます。

 

 

時給に見合った仕事かどうか?は誰が決めるのか?

 

それは ほかの誰でもない自分が決める基準。

 

バリバリ働いている人も、のらりくらり働く人も、最初の1時間当たりの時給は同じですが、キャリアが重なっていくにつれてその差は大きく広がっていくはずです。

その時一時だけの労働は手を抜いたほうが楽に思えるかもしれませんが、
結局ずうっと同じことを繰り返し続けて評価があがりません。

一生懸命働くと、いつかはその仕事を後輩に任せて、自分がみんなを動かしていく仕事に
変わっていくようになります。

 

ブックオフが[アルバイトはただの労働力なだけだ] と思っていたら、
キャリアパス制度はないんじゃないかとおもいます。

人ひとりが働いて、
その影響力が重要だと考えているからできた制度だと思います。

オフくん
オフくん
笑顔で楽しそうに働いている人がいると、自然と周りもスムーズに動き出します。
ワンちゃん
ワンちゃん
逆に悪口・いじわる・嫌なこともうつっちゃうよね。( ;∀;)

 

不満たらたらでやる気のない人に多くの人数を預けて
仕事がしやすくなるわけはありません。

どんな自分になって働いているのか?
みつめなおしたら時給も上がっていくかもしれませんよね。

 

みんなで楽しく働くために、楽しそうに働く。
まず、自分から楽しそうに働けば、自然と協力してくれる手が差し伸べられてくるし、
相手の嫌なところも見ないで済めば愚痴る必要もなくなります。

 

マニュアルで教わっている仕事の内容は 誰でも同じように出来ることばかり。
協力し合えるような声掛けができているか
自分を見つめなおしてみることも大切だとおもいます。

 

ABOUT ME
sugizero
主婦として働き始めて20年。まだまだパート・アルバイトから学ぶことはたくさんあります。 マナーもニーズも高速で変化していく時代でも、「働くことで手に入れる学び」があることを日夜楽しんでいます。